Axi-vision Camera


NHK放送技術研究所が2000年4月10日に開発したことを発表した、通常のテレビ映像と同時に、被写体までの距離を検出し、その距離情報を用いて画像の合成などをして、新しい映像効果を創り出す3次元カメラです。

>> さらに詳細な情報はこちら


ステレオグラム
3D映像
ホログラフィ
立体テレビ
富士通ドームシアター
超多眼方式
デジタル立体放送システム
通信・放送機構
オリンピックとメディア
情報操作
デジタル写真
Zeus
Intuitive system
立体表示ディスプレイ
ステレオ・リトグラフィ
CyberHolograms
Chromeffects
グレーティング・イメージ技術
RADARSATステレオSARデータによる高度測定
DEM
カーナビ
リモート・センシング
クリマアトラス
基線長
輻輳角
3D-WebView
シミュレーション法
デジタルカメラ
CANOMA
Isee3D
高分解能衛星リモート・センシング研究会
連合大学院構想
フォトショップ
STS-99
AUTOTAB
ドーム型3Dディスプレイ
デジタルカメラ
デジタルカメラの流れ/1993年まで
デジタルカメラの流れ/1994から1997年まで
デジタルカメラの流れ/1998年
デジタルカメラの流れ/1999年
デジタルカメラの流れ/2000年前半
デジタルカメラの流れ/2000年後半
デジタルカメラの流れ/2001年前半
デジタルカメラの流れ/2001年後半
デジタルカメラの流れ/2002年前半
デジタルカメラの流れ/2002年後半
デジタルカメラの流れ/2003年第1四半期
デジタルカメラの流れ/2003年第2四半期
デジタルカメラの流れ/2003年第3四半期
デジタルカメラの流れ/2003年第4四半期
デジタルカメラの流れ/2004年第1四半期
デジタルカメラの流れ/2004年第2四半期
デジタルカメラの流れ/2004年第3四半期
デジタルカメラの流れ/2004年第4四半期
Nikonnet
MobilEye
光線再生法
レッツフォト
MODIS
ドライブレコーダー
OpenCV
Corona project
GRACE(Gravity Recovery and Climate Experiment)
電子知覚
Deep Vision Display Wall
Perspecta
Smart airbags
再犯防止システム
誤解を招く、単語の並べ方
Sousveillance
MaybeCam
ハイペリオン
3Dコンソーシアム
VISAR
ILS(Implant Location System)
CloudSat
Perspecta1.9