AIPキューブ

Autonomy Interaction Presence cube

エー・アイ・ピー・キューブ

米国のマサチューセッツ工科大学メディア・ラボのデD.Zelzerが1990年頃に考案した、グラフィカル・シミュレーションについての分類方法で、人工現実感の世界を自律性(Autonomy)、双方向性(Interaction)、プレゼンス(Presence)の3つのファクタを軸にとって、特性と位置づけをマッピングすることで立体的に記述することができます。

>> さらに詳細な情報はこちら