Blue Gene

ブルー・ジーン

青い遺伝子

IBMが1999年12月6日にUS$1億規模の新たな研究計画として発表した、世界最速(当時)のコンピュータの500倍の演算処理能力を持つスーパーコンピュータのニックネームです。

>> さらに詳細な情報はこちら


Blue Geneのロゴ
IBMの1Petaflopへの流れ
IBMリサーチのBlue Geneを主導するDr.Paul M. HomとDr.Ambuj Goyal
オンラインでの健康、美容、エイズ、薬情報販売の予測
B2Bと医療及び健康産業の予測
B2Bの2000年と2001年の変化
2001年5月にCSISが発表したマイクロチップとスーパーコンピュータ
英語圏医師の電子化状況と未来予測
米国のB2Bユーザーが利用している雑誌とWebの利用比較
北米で開発者がB2Bで利用したサービス
GAOが2001年12月12日に公開したNNSA報告
GAOが2002年7月3日に公開したNNSAのレポート
GAOによる薬の広告規制に関するレポート
X3D Technologies社が2003年8月12日に発表したリリース
2002年に3DメガネでチェックするAnatoly KarpovとGary Kasparov
Blue Gene/Lプロトタイプを制作したBill PulleyblankとShawn Hall
Blue Gene/Lプロトタイプで制作したタンパク質の部分
Blue Gene/Lプロトタイプで制作したタンパク質の部分の映像
Blue Gene/Lプロトタイプで制作したタンパク質
Blue Gene/Lプロトタイプで制作したタンパク質の映像
GAOが2004年4月1日に公開した、ロス・アラモス国立研究所とローレンス・リバモア国立研究所のレポート
Illustrirte Zeitung1853年8月6日に掲載されたチェス大会の風景
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室
GAOが2008年7月15日に公開した、ロスアラモス国立研究所の長期戦略見直しレポート
GAOが2008年9月26日に公開した、ロスアラモス国立研究所のUnclassifiedコンピュータ・ネットワークの情報セキュリティレポート