Books on the Social Aspects of Computing, 1996-1997-1

コンピュータと社会に関するブックガイド-1

米国のカリフォルニア大学バークレイ校のコミュニケーション学科教授Philip E. Agreがインターネット上で毎週バージョンアップして提供している時間軸を持った社会、文化、政治、教育、経済、ビジネス、文学、法律、宗教とネットワーク、コンピュータに関する1996〜1997年の図書目録です。

>> さらに詳細な情報はこちら


2000〜2005年のHealthビジネス予測
米国における1998年〜1999年の本の販売場所別比較
1998〜1999年におけるインターネットの経済的重点
1877年10月6日にScience Americaで発表されたBell's New Telephone
2000年になって登場したオンライン・ビジネス
米国の人種別オンライン利用比率2000/04/11現在
米国の学校に接続されたインターネットの数と利用環境
親と学生による教育に必要な要素比較
Web経由でオンライン販売とオフライン販売に比較
米国の人種別、年代別現状(2000年10月16日)をグラフ化したデータ
米国の白人と黒人のインターネット利用比較と将来
米国における宗教とインターネット
米国低所得地域のパソコン所有とインターネット環境
ヨーロッパのOECD加盟国と非加盟国のデジタル・デバイド比較
1470年にニュールンベルグで制作された「知識の塔」
1548年にベルリンで制作された「法則の塔」
1500年頃に制作された鞭を持つ先生と8人の生徒
1592年に制作されたW.L.Schreiber Potsdamの教育現場
ロバに例えられた17世紀の教育
Pew Internet & American Life ProjectのThe Internet and Educationレポート2001/09/01
1997年に公開された米国のインフラ保護政策-1
1997年に公開された米国のインフラ保護政策-2
1997年に公開された米国のインフラ保護政策-3
1997年に公開された米国のインフラ保護政策-4
1997年に公開された米国のインフラ保護政策-5
GAOが2001年11月30日に公開したLeading Commercial Practices for Outsourcing of Services
GAOと教育省が公開した米国における学生の所得とマーケットのメカニズム
サイバー刑事法研究会報告書の概要
欧州評議会サイバー犯罪条約
GAOが2002年4月16日に公開したInformation Security
GAOが2002年5月2日に公開したInformation Securityに関するレポートと宣言書
Robert F. DaceyのFederal Information Security Management Act of 2002コメント
米国の博物館と図書館レポート2002
ロサンゼルスで活用されているコミュニティの開発に関する免除事項
ホワイトハウスが2002年9月18日に公開したcyberstrategy-draft
ホワイトハウスの2002年9月18日cyberstrategy-draftニュースリリース
Department of Education Annual Plan 2002-2003
FDICによる情報セキュリティとリスクに関するレポート
Robert F. Daceyが訴えた法で定めた情報セキュリティ手段の必要性報告書
米国の6都市で行われた小学校の比較について調査した報告書
Illustrirte Zeitung1849年9月1日に掲載されたF.HirtのNaschmarkt書店風景
Illustrirte Zeitung1849年5月26日に掲載された腕白小僧のしつけ風景
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたKirtlandのモルモン教会
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたミズーリのモルモン教徒
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたモルモン教の教会
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載された北米を旅するモルモン教徒
Illustrirte Zeitung1852年4月17日に掲載されたモルモン教徒の隊列
Illustrirte Zeitung1852年4月17日に掲載された北米のモルモン教徒の村
Illustrirte Zeitung1852年6月19日に掲載された北米の黒人司教
Illustrirte Zeitung1852年8月7日に掲載された足を洗う米国の信仰儀式
UNCTADのレポート「Information Economy Report 2006」