BOLD(Blood Oxygen Level Dependent)


神経細胞において酸素と結合したヘモグロビン(酸化ヘモグロビン)が還元され還元ヘモグロビンとなり、血流の増加に対し酸素消費量は5%しか増えないことから、 静脈中の酸化ヘモグロビンの量が相対的に増加することになる。また、酸化ヘモグロビンは還元ヘモグロビンに比べ磁化されにくいため、 賦活領域では磁化率が減少し、磁気共鳴信号の強度が変化する。タスク実行時と安静時の画像を比較し、 磁気共鳴信号の変化を統計的に分析することにより、 脳の活動部位を推定することができるという、fMRIを利用した脳機能を知るための技法です。

>> さらに詳細な情報はこちら