Carbon Nanotubes Circuits


カーボン・ナノチューブとは、六角形(一部を五角形や七角形に置き換えることも可能)の金網を丸めたような筒状の形に炭素原子が配置された、ナノmサイズという非常に小さな管状の分子構造で、1991年に飯島澄男博士(NEC特別主席研究員/1939 )が発見し、高強度の樹脂、燃料電池、薄型ディスプレーなどに使う次世代材料などとして世界中の注目を集めています。

>> さらに詳細な情報はこちら