FluChip


コロラド大学と米国疾病対策予防センターの研究グループが2006年8月28日に開発したと発表した、12時間以内に、H5N1を含む72種のインフルエンザを特定できる、ガラスやシリコン製の基板上に遺伝子情報を載せた「マイクロアレイ」と呼ばれる検査チップです。

>> さらに詳細な情報はこちら