Fairness Doctrine

公平の原則

1949年に米国で「13 FCCの1246 [ 1949 ] 」として導入された放送法の1つで、1967年まで、ときに特定の規定により、 FCC規則の原則が組み込まれていった。
しかし、1987年8月4日に、FCC(Federal Communications Commission/連邦通信委員会)はテレビとラジオのバランスを取るというのことで、「Fairness Doctrine(公平の原則)」を撤廃するための投票を実施し、4対1で撤廃が決定しました。

>> さらに詳細な情報はこちら