FCCのE-rateフィルタリングに関するALAの警告


ALA(全米図書館協会)は、2000年11月6日から始まって、2001年1月18日、2001年7月1日、2002年6月30日と4回に渡るFCC(米国連邦通信委員会)のE-rateフィルタリングのレポートについて、その時間と共に変化する内容について2001年4月5日に警告を発表しました。

>> さらに詳細な情報はこちら


FCCの米国電話線環境調査報告
e-Learningとして利用されているツールや状況
GAOが2001年11月30日に公開したLeading Commercial Practices for Outsourcing of Services
米国の博物館と図書館レポート2002
ロサンゼルスで活用されているコミュニティの開発に関する免除事項
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1997
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1998
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1999
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1999の付録
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2000
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2000の付録
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2001
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2002
経済産業省が2002年9月19日に公開した、新しい業績報告書に関する調査研究
新しい業績報告書に関する調査研究-2
新しい業績報告書に関する調査研究-3
FCCが2004年8月4日に公開したE-Rateの経緯と今後の対応に関するリリース
FCCが2004年11月23日に公開した、E-RATE PROGRAMの新規予算と、募集情報
GAOが2004年12月10日に公開した教育の付加的技術協力に関するレポート
米国のGAOは2005年11月21日に公開した、教育情報へのアクセス改善と先生資格取得要求実行支援のレポート
GAOが2006年7月26日に、教育支援に関する学生の進歩を測定レポート
FCCが受け付けた一般放送などでのクレーム・レポート
YouTube Comment Snob導入前と導入後