FD32MB

フロッピーディスク32Mバイト記憶容量技術

安価で手軽なメリットがあったフロッピーディスクが、記憶容量の少なさで敬遠されるようになったことから、松下寿電子工業が開発し、2000年10月16日に発表した、次期240Mバイト・スーパーディスク・ドライブを用いて、2HD(1.44Mバイト)フロッピーディスクで32Mバイト(フォーマット時)まで記録できるフロッピーディスク大容量化技術です。

>> さらに詳細な情報はこちら