IPv6/2004年-2005年


IDCジャパンは2004年10月6日に、IPv6の持つ優位性を活かした展開で市場が大きく成長した場合に2008年の市場は約1,000億円、IPv4からの部分的な移行を中心として徐々に市場が成長した場合は420億円、IPv6の抱える諸問題が解決できない場合は120億円と3つの予測をした。

>> さらに詳細な情報はこちら