IPAInCS(IPA Integrity Check System)


情報処理推進機構がコンピュータ・ウイルス対策事業の一環として開発したウイルス感染検知システムで、従来のワクチン・ソフトでは、 新種のウイルスが出現するたびにウイルス情報を追加し、ウイルスに記録情報を偽造される可能もあることから、「デジタル署名」の暗号技術を用い、新種ウイルスにも強く、偽造などのウイルスの攻撃にも強い感染検知方法を実現しています。

>> さらに詳細な情報はこちら