IPCMOS

Interlocked Pipelined CMOS


IBMの基礎研究部門が2000年2月7日に発表した、現在の最高速チップの5倍の演算速度があり、消費電力を半分にする高速コンピュータ回路を開発するにあたって利用した設計方法です。

>> さらに詳細な情報はこちら