IPマッカーシズム

IP mccarthisum


「マッカーシズム(mccarthisum)」とは、第2次世界大戦後に米国で起こった、反共の社会思想から出た反米的な考え方を打ち壊すことで、共和党の上院議員Joseph RaymondR McCarthyの名前から命名された運動で、米国のWebにおける著作権問題でも反知的財産=反米的という風潮がワシントンなどで起こり、著作権が最大の武器になり、クリエイターが自由に作品を作る環境まで剥奪しようとしていることから、警告的に登場した言葉です。

>> さらに詳細な情報はこちら


Illustrirte Zeitung1851年4月6日に掲載された夫婦用ピストル
Illustrirte Zeitung1851年5月31日に掲載されたJosephPergerのピストル
Illustrirte Zeitung1851年6月21日に掲載された飾り銃
Illustrirte Zeitung1851年6月21日に掲載された世界最初の6連発銃コルトと当時の貴族向け飾り銃
Illustrirte Zeitung1853年6月25日に掲載されたG. Teschnerの2連ライフル
Illustrirte Zeitung1853年10月29日に掲載された遠隔操作電気点火爆破実験-1
Illustrirte Zeitung1853年10月29日に掲載された遠隔操作電気点火爆破実験-2
Illustrirte Zeitung1853年10月29日に掲載された遠隔操作電気点火爆破実験-3
Illustrirte Zeitung1855年4月4日に掲載された海軍の信号
Illustrirte Zeitung1855年4月4日に掲載された海軍の信号と意味
Illustrirte Zeitung1855年4月4日に掲載された海軍の光信号
Illustrirte Zeitung1855年7月14日に掲載されたGeorg & Eduard Scheutzが開発した弾道計算機-1
Illustrirte Zeitung1855年7月14日に掲載されたGeorg & Eduard Scheutzが開発した弾道計算機-2
Illustrirte Zeitung1855年7月14日に掲載された測量計付き望遠鏡
Illustrirte Zeitung1855年7月21日に掲載された望遠鏡で測量するDragon & Merlin蒸気船
Illustrirte Zeitung1855年7月21日に掲載された時限爆弾
Illustrirte Zeitung1855年8月4日に掲載された時限爆弾の構造
Illustrirte Zeitung1855年8月4日に掲載された時限爆弾の爆破実験
Illustrirte Zeitung1856年1月19日に掲載された市販されたレボルバー
Illustrirte Zeitung1856年9月13日に掲載された射撃練習風景
狙撃銃の解説
狙撃銃弾の解説