Kyoto Protocol/2005年


2005年2月16日に35の工業国とヨーロッパ共同体が参加して一連の公式のイベントが開催され、2008-2012年に、1990年レベルまでに6つの主要な地球温暖化ガス削減する5年計画の現状報告が実施されました。

>> さらに詳細な情報はこちら


外務省が2005年2月15日に公開した「京都議定書発効記念行事(動画配信)」
京都議定書上のクレジットの保有、移転等を管理する国別登録簿の運用開始について
京都議定書発効に関する奥田会長コメント
外務省が2005年2月17日に公開した京都議定書の発効について、外務大臣談話
2004年にこれまでで最大の北半球でオゾン後退衛星画像
OSIRIS(Optical Spectrograph and InfraRed Imager System)
大気層の図解
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室
Illustrirte Zeitung1856年5月31日に公開された気圧計
京都議定書目標達成計画案の決定について奥田会長コメント
The Hubbert Curve
Goodbye To All That Oil
「ユビキタスネット社会の進展と環境に関する調査研究会」が報告書概要
2004年12月に開発したシステムのレポート
調査プラン事例
調査計画
EUが2005年5月2日に公開した、ヨーロッパの環境と経済調査Eurobarometerの最新版
外務省が2005年5月10日に公開した、地球規模問題に関する意識調査
Carbon Expo 2005のロゴ
Carbon Expo 2005の内容
Carbon Expo 2005のConference Programme
Carbon Expo 2005のFair Guide
Carbon Expo 2005のExhibitor information brochure
CCB Standards
Greenhouse gas emission allowance trading scheme
UN Day for Disaster Reduction
GFMCPressRelease-Final
気候変動、クリーンエネルギー及び持続可能な開発に関する対話」について結果概要
氷芯でとらえられる小さい気泡のためのドーム
トーマス・シュテッカー(Thomas Stocker)
2005年11月25日発行のジャーナル「Science」表紙
2005年11月25日発行のジャーナル「Science」の内容
GAOが2005年11月30日に公開した、環境保護レポート
GAOが2005年11月30日に公開した、米国、カナダ、ヨーロッパの化学規制についての報告書
Ecosystems and Human Well-being: Health Synthesis
外務省が2005年12月12日に公開した気候変動枠組条約第11回締約国会議(COP11)京都議定書第一回締約国会合(COP/MOP1)の概要と評価
2003年から2005年末までの死者数レポート