KTN結晶


1950年代にカリウム(K)、タンタル(Ta)、ニオブ(Nb)と酸素(O)から、光デバイスの性能を決定する2次の電気光学効果(カー効果)が極めて大きい材料として、初めて合成された透明な光学結晶です。

>> さらに詳細な情報はこちら