ゴア・トランス

Goatrance


1960から1970年代にヒッピーの聖地の一つだったインドのゴアではビーチパーティが盛んに行なわれ、その空間でもっともフィットする音楽として、1990年代初頭に南ドイツやイギリスで作られたメロディアスでエフェクティブな「曲がった」音色の特徴を持ったトランス・テクノが火付け役になり、エスニック音階や先住民族の歌声、トライバル・パーカッションなどが加わって、ヨーロパから南アフリカ、オーストラリア、日本、台湾など世界各地で同時進行で流行していった音楽に、サイケデリック&トライヴァル風ファッションやアートワーク、パーティ装飾、そのバックボーンにあるナチュラリスト&ニューエイジ思想などをも巻き込んだ総合的な世紀末文化現象です。

>> さらに詳細な情報はこちら