後期印象派

Post-Impressionism


印象派や新印象派に影響を受けながら、それぞれの個性的な方向を開拓し、次第に離れていき、後世に大きな影響を与えたセザンヌ、ゴッホ、ゴーガンなどが描く絵画を総称し、イギリスの美術評論家Roger Eliot Frがロンドンで開催した「マネと後期印象派展(Manet and Post-Impressionism)」で命名されました。

>> さらに詳細な情報はこちら