航空機の衛星リアルタイム運航記録システム

Satellite Proposes Real-Time Cockpit Voice and Flight Data Monitoring system


航空事故などで頼りになるブラックボックスであるが、それ自体が粉砕し、データ回収が不可能になることも予測できることから、イリジウムは2001年10月2日にFAA(Federal Aviation Administration/米国連邦航空局)に対して提案した、イリジウム衛星の衛星システムLLCを利用して、航空機コックピットの会話などをリアルタイムで記録するシステムです。

>> さらに詳細な情報はこちら