光線空間理論


立体的な視覚情報を、空間上の位置、光線の方向、輝度として情報化し、空間を符号化する考え方です。多数の実写画像をもとに複雑な立体を再現する「Image-Based Rendering」の中で主流になるといわれていました。

>> さらに詳細な情報はこちら