高速インターネット国際ゲートウェイサービス


ユーザーとKDD間に6Mbpsまたは45Mbpsの加入契約回線を設定し、この加入契約回線に実際に伝送された1カ月の通信量の実績に応じて、段階的な料金が適用されるKDDが1997年3月1日から開始した企業向けのサービスです。

>> さらに詳細な情報はこちら


Tut Systems社のネットワーク全体イメージ
Tut Systems社のxDSLネットワーク・イメージ
Tut Systems社のHomeRunイメージ
カナダの情報技術収益(1994年現在)
カナダの情報技術関連貿易高(1985〜1995年)
地域別情報技術関連の輸出入/1995年/データ:カナダ統計局
日本とカナダの情報技術関連貿易(1990〜1995年)/データ:カナダ統計局
R&D1$当たりの税引後の効果/データ:Conference boad of canada/1994年
世界の主な電気通信産業の競争力指数/データ:メサInc./1994年
VORTEXチップセットを使ったDSLAM
ATMスイッチで使用されるHigh Density Relay Port Card
CDMA無線基地トランシーバー局の概略
インターネット接続の方法とその割合
インターネット接続の方法と将来性
broadbandを申し込む人のDSLとCATVインターネット接続の比較
広帯域情報通信利用者の利用目的予測(2005年)
個人ユーザーのインターネット利用目的
米国国民のインターネット利用目的
米国国民で毎日利用している人のインターネット目的
米国国民のインターネット利用者の内訳
米国国民のインターネット内訳別目的
米国国民のインターネット利用率
米国国民のインターネット成長率
米国国民1日のインターネット利用時間
米国国民のインターネット利用者と未使用者の内訳
米国国民のインターネット利用者と未使用者の社会的接触
米国国民のインターネット利用のきっかけ
米国国民の家族と友人のインターネット利用
米国国民の家族間のインターネット利用
米国国民の家族でのインターネット利用環境
米国国民のインターネット利用の場所
米国国民のインターネット利用場所別時間
米国国民の電子メール利用数
米国国民のインターネット利用ベテランと初心者の違い
恋愛電子メールの利用率
日本のインターネット利用者予測
1998年〜2000年の日本人インターネット利用者の伸び
米国における両親のインターネット利用の推移
米国の子供達がインターネットで情報を知る先
米国におけるインターネット接続方式と価格の比較(1999年)
米国における衛星とCATVインターネット接続の増え方の比較予測
2000年8月の地域別、国別インターネット・ユーザー
FCC調査1998年と1999年のCATV、ADSL、その他の比較
FCC調査1998年と1999年のCATV、ADSL、その他の実数比較
FCC調査1998年と1999年のCATV、ADSL、その他のマーケット比較
FCC調査高速通信への申し込み浸透度
FCC調査実際に採用された高速通信
FCC調査高速通信シェアの分布
米国のCATVインターネット接続と街の大きさ(2000年現在)
米国のDSLインターネット接続と街の大きさ(2000年現在)
1999〜2003年のCATVインターネット接続予測
1999〜2003年のDSLインターネット接続予測
2005年のヨーロッパ各国の高速ネットワーク予測
1999年〜2003年のダイヤルアップとブロードバンド接続の予測推移
1999年〜2003年のビジネスと自宅でネットワーク接続環境の予測
米国におけるインターネット・ビジネス・ユーザー
1999年末の米国ブロードバンド接続統計
意外と多いインターネットを利用しない米国人
Goldmann Sachs and PC Data Onlineの年末商戦情報
米国の1999年と2000年年末商戦で購入できなかったサイトの数
2000年年末米国における日曜ごとの売り上げ比較
米国のパソコンユーザーとインターネット環境確保の比率
2001年10月31日の近畿地方のケーブルテレビインターネットの現状
Nielsen//NetRatingsが2002年12月20日に発表した2002年末商戦の動向
Amazon.comが2002年12月26日に発表した年末商戦結果
UCLA Surveying the Digital Future 2000
UCLA Surveying the Digital Future 2001
UCLA Surveying the Digital Future 2002
GAOが2006年7月28日に公開した、インターネットのDHSプランに関するレポート
GAOが2006年7月28日に公開した、David A. PownerとKeith Rhodesによる技術セキュリティに関する連邦政府上院委員会における証言