公立学校とパソコン


教育用マルチメディアの開発を支援する公的な施設の建設、埋もれた教育関連ソフトの発掘支援を目的とし、自治体(当時)と文部省(当時)が、小学校で1校当たり22台、中学校や普通高校で42台の導入を目指した1994〜99年度の計画です。

>> さらに詳細な情報はこちら