国際暗号協定


マネーロンダリングやテロなどの犯罪への悪用を懸念して、米国は高度な暗号については輸出を厳しく規制していましたが、規制を続ければ、世界の暗号市場を外国企業に奪われかねないという米国産業界の不満を背景に、1997年1月に一部の輸出を認めました。ただし、緊急時には政府がネットワーク上の交信内容をカギで解読できるシステムを採用しています。

>> さらに詳細な情報はこちら


毎日新聞の「毎日インタラクティブ」がクラッキングを受けた報告ページ
朝日新聞の「asahi.com」がクラッキングを受けた報告ページ
インターネット・ユーザーの生活に関係する不安調査結果
米国の14〜17歳の子供が大人向けサイトを訪ねる割合
TeleGeography社の世界の情報通信マップ案内ページ
FBIが発表した2000年5月〜2001年2月のインターネット詐欺
2001年6月の米国人インターネット利用環境とプロバイダとのトラブル1
CAIDのインターネットマップCAIDA Skitterのサイト
CAIDのインターネットマップ・ポスター
The CDISS Databaseのテロの歴史
The CDISS Databaseのテロの歴史1945〜1949
The CDISS Databaseのテロの歴史1950〜1959
The CDISS Databaseのテロの歴史1960〜1969
The CDISS Databaseのテロの歴史1970〜1979
The CDISS Databaseのテロの歴史1980〜1989
The CDISS Databaseのテロの歴史1990〜1998
米国同時多発テロで登場したa Special Patriotic(愛国心) Page
a Special Patriotic(愛国心) Pageに掲載された「涙を流す白頭鷲」
a Special Patriotic(愛国心) Pageに掲載された「WTCと天子」
a Special Patriotic(愛国心) Pageに掲載された「WTCとマリア」
a Special Patriotic(愛国心) Pageに掲載された「硫黄島占領とWTC」
a Special Patriotic(愛国心) Pageで流された音楽
Bio-Terry & MASCAPが公開したバイオケミカル・テロの歴史
GAOが公開した生物化学兵器テロ情報
GAOが公開した化学及び生物化学兵器の状況
インターネット詐欺監視組織に寄せられたインターネット詐欺報告
GAOが2001年11月30日に公開したカード地獄とカード天国
Riptech社が2002年1月28日に公開した世界のAttackレポート
警察庁が2002年11月7日に公開したインターネット治安情勢の分析
GAOが2003年11月4日に公開したクレジットカードに関するレポート
FBIの2004年 2009年計画
特別寄稿外務省大臣官房情報通信課非常勤講師奥村定夫の「外交と暗号」
毎日届く「fbi.gov」「cia.gov」のウイルス付きメール
UCLAチームが発見した1297万8189桁の素数

FBI(Federal Bureau of Investigation)
Telecommunications Act of 1996
CRNR/DC/2
インターネット上のワイセツ画像摘発
米国内の通信改革法案
クリッパー・チップ計画
EFF
サイバーポン
ネット・ヘイト
ネット上の詐欺商法
ネットワーク上のプライバシー侵害問題
インターネット
ネチズン
ネット世話役
video vigilante
電子自警団
ブラインド・ファキシング
サイベリア
MUD(Multi User Dungeons)
インターネット暴動
NetNanny
ネチケット
電子ネットワーク協議会
電子ネットワーク協議会のルール&マナー集
倫理問題に係る自主ガイドライン
電子ネットワーク協議会の倫理綱領
倫理綱領とルール&マナー集の要点
「『倫理綱領』に抗議します」
ドイツ新テレコミュニケーション法案
電子取引法制に関する研究会
黒いリボン
SafeSurf
SurfWatch
コンピュータ不正アクセス対策基準
コンピュータ緊急対応センター
Proxyサーバー
サイバー・テロ
マッド・サイエンティスト
電気通信における利用環境整備に関する研究会
組織的な犯罪に対処するための刑事法の整備について
Safety-Net
ネオ・ラッダイト運動
盗聴法案
EPIC(Electronic Privacy Information Center)
マルチメディア・スーパー・コリドール
ゴア副大統領(当時)の暗号化キー関連政策
KES
フィルタリング機能の検討案
PICS(the Platform for Internet Content Selection)
RSACi
組織犯罪防止のための法制審議会案
性とメディア
Cyber Patrol Coporate
Singapore-ONE
自由の疫病
バーチャル・アイデンティティ
バーチャル・セックス
仮想現実タレント
デザイナー・リアリティ
米国の電子暗号化技術国外輸出
アンケートのパラドックス
「組織犯罪対策」に反対する刑法学者の声明
フィルタリング・システム
メリーランド州のネットハラスメント防止法案
ワイヤー・タップ
言論の自由
CDA
サイバー法
OECDの暗号政策ガイドライン
Manhattan Cyber Project
個人情報の保護に関するガイドライン
Kids GoGoGo
映画Ratingシステム
インターネット風俗画面研究会
クリントン大統領(当時)のワイセツ情報規制策
フィルタリング機能の構築
スタアリンク
京都・わいせつ画像データ裁判
Privacy Assured
NCSA(National Computer Security Association)
情報システム安全対策指針
盗聴法成立阻止ネットワーカー連絡会
電子マネー及び電子決済の環境整備に向けた懇談会
日本国憲法とマルチメディア
不健全指定を受けた出版物
インターネットの危機
フューチャーネットワーク
レイティング・データベースの稼働
インターネット上の情報流通ルール
情報流通ルール-1/はじめに
情報流通ルール-2/必要性
情報流通ルール-3/議論の状況
情報流通ルール-4/イギリス
情報流通ルール-5/ドイツ
情報流通ルール-6/フランス
情報流通ルール-7/オーストラリア
情報流通ルール-8/シンガポール
情報流通ルール-9/EU
情報流通ルール-10/OECD
情報流通ルール-11/APEC
情報流通ルール-12/自己責任の原則
情報流通ルール-13/情報発信への対応
情報流通ルール-14/プロバイダーの責任
情報流通ルール-15/発信者情報の開示
情報流通ルール-16/受信者の選択を可能とする技術的手段
情報流通ルール-17/事後的措置
情報流通ルール-18/脚注1〜25
情報流通ルール-19/まとめ
情報流通ルールに関する意見募集(終了)
情報の自由化宣言
レイティング・データを知るための方法
WebMoney
風営法改正
米国の過激な学校のフィルタリング規制法案
静岡県インターネットプロバイダー生活安全協議会
ネットワーク犯罪防止法
CALEA
FCCのVチップ規則
スーパーキャッシュ
情報操作
プライバシーマーク制度
ネチズン保護法
ネットに必要な10の法案
ebase
メール脅迫者
CHALK
FTCのインターネット・プライバシーに関する提案
日本ジャーナリスト会議の盗聴法反対声明-1
日本ジャーナリスト会議の盗聴法反対声明-2
盗聴法案の国会審議入りに抗議します
1998年5月14日のゴア副大統領(当時)の講演
データベース保護法案
通産省のマルチメディア・コンテンツの公募
国会の組織犯罪対策関連3法案の趣旨説明と質疑-1
NetAction
スウェーデンのElectronic Bulletin Boards
PGP
FBI長官の不安と願望
クラッカー
Online Privacy Alliance
Digital Kids
コンテンツのタブー
ネットワーク上の人格
情報関連10事業の1000億円のプロジェクト公募
米政府の暗号輸出規制緩和
プライベート・ドアベル方式
Emily Postal's Netiquette Q & A
スクラッチカードタイプの決済システム
KIDSPLAZA
Internet Bill & Pay Solution
EUが1999年3月15日に発表した盗聴規制ドラフト
インターネット利用のルールとマナー集
RICO法
CCIPS
携帯電話での電子商取引
盗聴法を直ちに廃止することを強く訴える(声明)
PKICC
バーチャルタレント・オーディション2001
ezp@y
chatterbot
NISM推進協議会
Slam-a-Cyberscam
環境変数
CATT(Cyber Attack Tiger Team)
PaySolution
メディア規制3法案
.kids.us
Digital Pearl Harbor
FBIによるKGBハッキング・ハッカーズ
seven dirty words
誤解を招く、単語の並べ方
FISA
CPN(Controlled Payment Number)
情報セキュリティ監査制度
情報防衛センター
暗号プロトコル
TECF(Trusted Electronic Communications Forum)
Kryptos
ストリーム暗号
FinCEN(the Financial Crimes Enforcement Network)
GSO(Get Safe Online)
FOSI(Family Online Safety Institute)