国民発議、直接請求および国民投票制度の導入案


これまで国民投票は、経費や時間などの問題から、良いことと知りながら現実的には不可能とされ、1815年に永世中立国となったスイスで一定数の有権者の署名が集まれば、憲法改正など、あらゆる問題について発議できる国民投票制度はスイス特有の制度としてよく知られているが、インターネットを利用した電子投票や電子メディア選挙などが実現できるようになり、政府や政治家だけの政治から脱皮する時代に向けて、大きく動き始めています。

>> さらに詳細な情報はこちら