コンピュータ顕微鏡

Computational microscope


ミュレートされた物質の最深部まで観察することによって、物質の壊れ方、強度や柔軟さの決定プロセスを究明できるように、スーパーコンピュータを使用したシステムです。

>> さらに詳細な情報はこちら


2,000万個の原子による脆性破壊によるひび割れシミュレーション
原子による脆性破壊によるひび割れシミュレーション画像-1
原子による脆性破壊によるひび割れシミュレーション画像-2
原子による脆性破壊によるひび割れシミュレーション画像-3
原子による脆性破壊によるひび割れシミュレーション画像-4
原子による脆性破壊によるひび割れシミュレーション画像-5
原子による脆性破壊によるひび割れシミュレーション画像-6
原子による脆性破壊によるひび割れシミュレーション画像-7
10億個の原子からなる加工硬化のシミュレーション
10億個の原子からなる加工硬化のシミュレーション画像-1
10億個の原子からなる加工硬化のシミュレーション画像-2
10億個の原子からなる加工硬化のシミュレーション画像-3
10億個の原子からなる加工硬化のシミュレーション画像-4
10億個の原子からなる加工硬化のシミュレーション画像-5
10億個の原子からなる加工硬化のシミュレーション画像-6
10億個の原子からなる加工硬化のシミュレーション画像-7
GAOが2004年4月1日に公開した、ロス・アラモス国立研究所とローレンス・リバモア国立研究所のレポート
Illustrirte Zeitung1856年5月3日に掲載された(当時)の顕微鏡広告
GAOが2008年7月15日に公開した、ロスアラモス国立研究所の長期戦略見直しレポート
GAOが2008年9月26日に公開した、ロスアラモス国立研究所のUnclassifiedコンピュータ・ネットワークの情報セキュリティレポート