コンピュータ犯罪国際協力ユニット


日米など先進8カ国は1997年12月10日にワシントンで司法・内務閣僚級会議を開き、インターネットなどを利用したコンピュータ犯罪の増加に備え、国内法の整備、犯罪人引き渡し協力の強化、産業界と協力したコンピュータ犯罪対策技術の確立など、国際的な捜査協力体制を整備することで合意し、この合意に基づいて警察庁が1997年12月10日に、コンピュータ犯罪について24時間体制で対処するための組織です。

>> さらに詳細な情報はこちら