言語のすり切れ現象


本来あるべき言葉がどんどん簡略化され、言語学的な思考から逸脱し、不要とされる部分が欠落して単純化されていく言語現象です。

>> さらに詳細な情報はこちら