コンピュータ・ウイルス2008年から


日本で初めてウイルス作成者の摘発として、京都府警ハイテク犯罪対策室と五条署が2008年1月24日に、コンピュータ・ウイルスを作成した24歳の大阪府泉佐野市の男子大学院生ら20代と30代の男3人を電子計算機損壊等業務妨害罪」ではなく、「著作権法違反」で逮捕しました。

>> さらに詳細な情報はこちら