視覚チップ

Eye Chip

人工網膜チップ

人間の目の網膜のように画像を認識する機能を持った半導体チップで、1990年に三菱電機がガリウム(化学記号/Ga)ヒ素の基盤に受光素子を格子状に並べ、画像を投射すると光を感じたところの素子だけが電気信号を流し認識する半導体を考案し、1993年に基本技術を発表しました。

>> さらに詳細な情報はこちら