司教から「邪悪のインターネット」への警告

Bishop warns of 'evil internet'


インターネットが登場すると共に、宗教がどのように影響を受けるか?その答えはまだないが、1455年頃にドイツで合金活字を開発したことにより、印刷技術が世界拡散するように伝搬され、メディアが大きく影響を受け、その後宗教改革が起こった過去の経緯もあります。

>> さらに詳細な情報はこちら


意外と多いインターネットを利用しない米国人
米国における宗教とインターネット
米国のパソコンユーザーとインターネット環境確保の比率
バチカンの巻頭ページ
バチカンのメニューページ
Oxford大学のLuciano Floridiが公開したWhat is the Philosophy of Information?
ローマ法王Santo Padre Giovanni Paolo IIの謝罪電子メール
バチカンから21世紀最初のクリスマス・メッセージ
米国で大幅に増加したインターネットに求める宗教意識
バチカンが公開した「インターネットの倫理(ETHICS IN INTERNET)」
バチカンが公開した「教会とインターネット(The Church and the Internet)」
Papaboysの巻頭ページ
Papaboys Web TVの巻頭ページ
Illustrirte Zeitung1845年1月4日号に掲載された有機化学を体系化したJustus Liebig
Justus Liebigが研究していたGiessenn化学研究所の外観
Justus Liebigが研究していたGiessenn化学研究所の研究室
Illustrirte Zeitung1850年8月31日に掲載されたDubois Reymond物理実験
Illustrirte Zeitung1850年8月31日に掲載されたウサギの電気実験
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載された物理学者Christian Friedrich
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載されたBainの電子化学コピーTelgraphシステム
米国のPIA Life Projectが2004年4月7日に公開した、信仰とインターネット調査結果
Illustrirte Zeitung1851年10月18日に掲載されたライプチッヒの植物園
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたKirtlandのモルモン教会
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたミズーリのモルモン教徒
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたモルモン教の教会
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載された北米を旅するモルモン教徒
Illustrirte Zeitung1852年4月17日に掲載されたモルモン教徒の隊列
Illustrirte Zeitung1852年4月17日に掲載された北米のモルモン教徒の村
Illustrirte Zeitung1852年6月19日に掲載された北米の黒人司教
Illustrirte Zeitung1852年8月7日に掲載された足を洗う米国の信仰儀式
Illustrirte Zeitung1854年4月8日に掲載されたLouis Lacombe
Illustrirte Zeitung1854年4月8日に掲載されたBreslau王立化学研究所
Illustrirte Zeitung1854年2月11日に掲載されたProf. Paul Taugott Meissner
Illustrirte Zeitung1854年2月11日に掲載された植物扶養システム
Illustrirte Zeitung1854年2月11日に掲載された植物用空気清浄機
Illustrirte Zeitung1854年2月11日に掲載された植物用炭酸カリ
Illustrirte Zeitung1856年4月19日に掲載されたZwickauの植物園
蓮の花
ローマ法王のヨハネパウロ二世が発行した最後の公文書
ヨハネパウロ二世
バチカン市国にあらわれたSNAP President Barbara Blaineのメッセージ
GAOが2006年7月28日に公開した、インターネットのDHSプランに関するレポート
GAOが2006年7月28日に公開した、David A. PownerとKeith Rhodesによる技術セキュリティに関する連邦政府上院委員会における証言
最新のレポート「Changing Faiths: Latinos and the Transformation of American Religion」