次世代型CATVインターネットサービス


CATVインターネット接続といえば、「常時接続」と「高速な回線速度」が魅力であったが、ADSLやFTTHと比べると、回線速度が数100Kbps程度とやや物足りないことから登場した、複数が同時に回線を共有しても速度の低下が起こりにくいマルチキャスト配信環境の整備によって提供されるサービスです。

>> さらに詳細な情報はこちら


2001年6月現在の北米広帯域通信の現状
2000〜2004年のブロードバンド・ユーザー
2001年10月31日の近畿地方のケーブルテレビインターネットの現状
NTIAのブロードバンドの開発に対するコメント
Cable Data Newsが2001年3月1日に公開した北米のブロードバンド利用者
Cable Data Newsが2001年6月1日に公開した北米のブロードバンド利用者
Cable Data Newsが2001年12月1日に公開した北米のブロードバンド利用者
IPv6が大失敗する例
UCLA Surveying the Digital Future 2000
UCLA Surveying the Digital Future 2001
UCLA Surveying the Digital Future 2002
GAOが2003年10月24日に公開した、CATV料金の推移とCATV業界のレポート
2003 Global DSL Subscriber Chart
Mark L. Goldsteinが提出したCATVのユーザーと情報通信に関する実証報告レポート
FCCが2005年5月17日に公開したリリース
第2世代に向けたCATVルール作成に向けたコメント
ステートメント
Trevor R. Roycroft, Ph.Dの「Network Diversity---A Misguided Policy---A Response to Christopher S. Yoo's ''Promoting Broadband Through Network Diversity''」
Yoo教授の「Promoting Broadband through Network Diversity」
Yoo教授
ケーブルウエストが2006年3月16日に公開したリリース
GAOが2006年7月28日に公開した、インターネットのDHSプランに関するレポート
GAOが2006年7月28日に公開した、David A. PownerとKeith Rhodesによる技術セキュリティに関する連邦政府上院委員会における証言