次世代双方向デジタルTV


視聴者参加型テレビのことで、放送局が提供する膨大なメニューの中から視聴者が好きなときに好きな番組を選ぶことができ、視点をテレビ局側が選ぶのではなく、放送に使う複数のカメラを視聴者が自由に切り替ることができるデジタルTVです。

>> さらに詳細な情報はこちら


AT&Tがテレビを開発した報道がある1927年4月7日のNew York Times
1927年4月7日のAT&Tによるテレビのデモ風景
Dr. Herbert Ivesによるテレビに対するリサーチ報告風景
テレビのデモに参加したWashingtonのHerbert Hoover
Herbert Hooverと話すNew YorkのAT&T President Walter Gifford
デモのスイッチングを担当するEdna Horner
New York Timesのテレビに関する記事の内容-1
New York Timesのテレビに関する記事の内容-2
New York Timesのテレビに関する記事の内容-3
Jupiter MMXIが2002年3月7日に公開したヨーロッパのデジタルTVへの動向
Many Broadcasters Will Not Meet May 2002 Digital Television Deadline
イギリスのデジタルTVポリシーのフレームワーク
Help Advance Digital Television Transition. GAO-03-7
EUのデジタルTVと第3世代携帯電話
ドイツと米国のデジタルTVへの移行に関する比較調査レポート
Digital TV Markets 2004の案内パンフレット
Current.orgが2004年7月22日に公開したリリース
Current.orgが公開しているPublic Broadcasting Reauthorization Act 2004
FCCが2004年8月4日に公開したアナログからデジタルTVへの移行に関する取り組み
Benton Foundationが2004年9月16日に、FCCへ提出した嘆願書
GAOが2005年2月17日に公開した、デジタルTVへの変換に向けたセットトップボックスの予算レポート
Television Networks in the 21st Century(21世紀(未来)にTVネットワーク)
FCCのKevin Martin最初のミーティングで公開したDTV配信資格認定プログラム
GAOが2005年5月27日に公開した、Mark L. GoldsteinのデジタルTV放送に関する報告レポート
Parks Associatesが2006年10月5日に公開した「 Digital TV & Mobile TV in Europe」