次世代ソフトウェア開発事業


経済産業省の外郭団体であった情報処理振興事業協会(IPA)が、次世代を担う革新的なソフトウェアを中長期的(3〜5年程度)に実用化することを目的に、2002年度から実施している事業です。

>> さらに詳細な情報はこちら