次世代地域情報プラットホーム


住民基本台帳ネットワークのシステムは専用回線で都道府県と国を結んで、個人情報などの流出を防いでいたが、電子自治体を全国的に統合することを目的に、総務省が2007年に導入するために世界で初めて構築することにした、地方自治体のあらゆる情報システムをインターネット技術で統合し、異なるシステム間で自動的にデータ交換できるシステムです。

>> さらに詳細な情報はこちら