事前旅客情報システム


警察庁と法務省入国管理局、財務省関税局が2002年8月27日に、2004年から共同運用すると発表した、刑事事件の容疑者の密入国や麻薬の密輸などを阻止するために、警察庁が持っている国際手配されている外国人や日本国内の指名手配容疑者乗りスト、法務省入国管理局が持っている国外退去処分を受けた外国人リスト、財務省関税局が持っている過去に麻薬密輸などで摘発された外国人、日本人リストなど、犯罪関係の名簿と、航空会社側から提供された搭乗者名簿をコンピュータで自動照合するシステムです。

>> さらに詳細な情報はこちら