舌の動きで電動車いすを無線操縦できるシステム


ATR人間情報通信研究所とニッタが共同開発している、手足の不自由な人などが入れ歯のように口に含んだ圧力センサーを舌で操作して、前進・後退、左右への旋回指示を車椅子に出せるシステムです。

>> さらに詳細な情報はこちら