従業員のアクセス監視

keeping of employees

社員のコミュニケーション監視>>従業員のネットワーク接続監視

従業員が仕事をしないでインターネットにはまっていたり、オンライン・ショップでの購入量が膨大になって自己破産する事態にまで発展したり、全社員にインターネットの環境を提供したために、それまで問題にならなかった事件が誘発することも考慮する必要が起こったことから登場した、社員のインターネットを監視するシステムです。

>> さらに詳細な情報はこちら


Webショップのプライバシーに対する情報掲載
インターネットを活用した収入額別の割合
インターネット・ショップの継続年数と全体の割合
西欧のインターネット状況
NCLのプライバシー問題報告
オンライン・ショップと中卸業
ロシアとヨーロッパのインターネット・ユーザーの伸び
オンラインの冷やかしと商人の戦い
米国の18歳以上で、1998年と2000年にオンライン・ショップ利用経験者
勤務中の事務所で利用するインターネットの時間と種類
タイプ別オンライン・ショップの割合
インターネット・ショップの売り上げとその割り合いの比較
ヨーロッパの2000年インターネット・ユーザー
各国のカテゴリー別オンライン・ショップの分布
2000年6〜10月のオンライン・セールス推移と業種
CSLRが公表した日本人のオンライン・プライバシー楽観主義
2000年と2001年の業種別オンライン・ショップ低迷現象
米国における人種別インターネット犯罪とその種類
Privacy Foundationの雇用者による従業員のインターネット監視情報
Harris Interactiveが公開したプライバシーとプロテクション情報
GAOが公開したモニタリング・ガイダンス
企業におけるコンピュータ・モニタリングの実態と企業のプライバシー
警察庁が2002年11月7日に公開したインターネット治安情勢の分析
GAOの柔軟性を持たせた労働環境の管理についてのレポート
GAOが2003年6月26日に公開したCCTVを利用したモニタリングの効果レポート
Net Imperativeが2004年7月に公開したE-tail Report
Salary.comが2005年7月11日に公開した勤務中のサラリーマンと損害
BurstMediaが公開した仕事中の個人オンライン買い物使用レポート