生涯学習サポートシステム


超高齢社会の中で高齢者の学習熱が高まる一方で、子供たちの個性的な学習の場が求められていることから、少子高齢化とIT社会の流れに対応し、幼児から高齢者までがそれぞれの習熟度や環境に応じて、興味ある学問を独自に学ぶことができることを目的に、早稲田大学メディアネットワークセンターとKDDグループが共同開発している、インターネット教育システムです。

>> さらに詳細な情報はこちら