状況変動特徴


松下技研が1998年11月17日に発表した、古い写真と現在の写真を比較し、顔の画像を正しく認識できる顔画像照合技術の開発で確認した、比較する画像の入力方法が違うことで、その変化に統計的な意味での強い傾向が存在するという変化の特徴のことです。

>> さらに詳細な情報はこちら