小脳情報処理

Cerebellar Information Processing


運動の制御と学習の文脈で研究されてきた小脳が、言語などの高次機能の発現中に盛んに活動していることが明らかになり、人間のコミュニケーションの能力も運動制御のメカニズムの延長で理解できる可能性を示唆するとともに、コミュニケーションの脳科学においても小脳が注目に値することが明らかになり、研究されるようになった分野です。

>> さらに詳細な情報はこちら