情報戦争

IW>>Information Warfare>>Infowar


政治および軍事目的で、軍事ネットワークや市民情報ネットワークを監視し、必要があれば不能にするという戦略です。戦略としては、通信やコンピュータ・ネットワークを不能にしたり、破壊するという物理的な攻撃から、通信を盗聴したり、コンピュータ・ファイルをハッキングするというバーチャルな攻撃にいたるまで広範囲です。

>> さらに詳細な情報はこちら


1998年のハイテク関連エンジニアの収入調査報告書
電磁波の波長と技術開発
電磁波の種類
世界のインターネット・ユーザー(Computer Industry Almanac Inc.より/1998年末現在)
NATO加盟国
世界のWeb内容(Nature/8.July 1999,from NEC Research Instituteより)
サーチ・エンジンの実体比較(Nature/8.July 1999,from NEC Research Instituteより)
米国における両親のインターネット利用の推移
米国の子供達がインターネットで情報を知る先
米国のサイバー取締に対する意識調査結果
2000年8月の地域別、国別インターネット・ユーザー
インターネット・ユーザーの生活に関係する不安調査結果
ドイツのドメイン数の伸び
ドイツの種類別ドメイン数の伸び
ドイツのドメイン数の伸びと、必要な金額
ドイツのホスト数の伸び
ドイツのホスト数の伸びと金額
言語別世界のインターネット・ユーザー
言語別ユーザーの円グラフ
西欧のインターネット状況
ロシアとヨーロッパのインターネット・ユーザーの伸び
ヨーロッパの2000年インターネット・ユーザー
Goldmann Sachs and PC Data Onlineの年末商戦情報
米国の1999年と2000年年末商戦で購入できなかったサイトの数
2000年年末米国における日曜ごとの売り上げ比較
アイルランドのインターネット・ユーザー
オランダの若いインターネット・ユーザーの傾向
アイルランドのインターネット事情
アイルランドのショップ
米国における人種別インターネット犯罪とその種類
Coca-Colaパラソルの下でたばこを吹かす米国兵士
DOC Safe Harborのサイト
Harris Interactiveが公開したプライバシーとプロテクション情報
15〜74歳のアイルランド・オンライン・ショップ利用事情
企業がインターネット被害を受けた時のトラブル要因の調査H2N2報告
The CDISS Databaseのテロの歴史
The CDISS Databaseのテロの歴史1945〜1949
The CDISS Databaseのテロの歴史1950〜1959
The CDISS Databaseのテロの歴史1960〜1969
The CDISS Databaseのテロの歴史1970〜1979
The CDISS Databaseのテロの歴史1980〜1989
The CDISS Databaseのテロの歴史1990〜1998
米国同時多発テロで登場したa Special Patriotic(愛国心) Page
a Special Patriotic(愛国心) Pageに掲載された「涙を流す白頭鷲」
a Special Patriotic(愛国心) Pageに掲載された「WTCと天子」
a Special Patriotic(愛国心) Pageに掲載された「WTCとマリア」
a Special Patriotic(愛国心) Pageに掲載された「硫黄島占領とWTC」
a Special Patriotic(愛国心) Pageで流された音楽
Bio-Terry & MASCAPが公開したバイオケミカル・テロの歴史
GAOが公開した生物化学兵器テロ情報
GAOが公開した化学及び生物化学兵器の状況
アイルランドの子供達と世界のインターネット利用比較
ニュージーランドのnew anti-terrorism bill目次
ニュージーランドのnew anti-terrorism bill-1-1
ニュージーランドのnew anti-terrorism bill-1-2
ニュージーランドのnew anti-terrorism bill-2
ニュージーランドのnew anti-terrorism bill-3
ニュージーランドのnew anti-terrorism bill-4
ニュージーランドのnew anti-terrorism bill-5
ニュージーランドのnew anti-terrorism bill-6
2001年11月13日に成立したnew anti-terrorism bill
Global Hawkの図面
Global Hawkの空洞実験
Global Hawk
Global Hawk
Global Hawk
Global Hawkで撮影された画像例
Global Hawkなどを利用した攻撃シミュレーション
Global Hawkなどを利用した攻撃シミュレーション・アニメ
SSC San Diego Centerの攻撃解析
RQ-1
RQ-1
RQ-1
RQ-1
Milstar
米国のDoCのU.S. Census Bureauが公開した1999年年末から2001年までの電子商取引
米国の教育とメディアに関するIDCの調査報告(2001年9月現在)
SSC San Diego Centerの案内
SSC San Diego Centerのリソース
SSC San Diego Centerのプログラム
SSC San Diego Centerのその他の技術
SSC San Diego Centerのサマリー
CYBER SECURITY RESEARCH AND DEVELOPMENT ACT
CIA, FBI Developing Intelligence Supercomputer
George Allen議員
Sen. Ron Wyden議員
DOC(米国商務省)が2002年4月12日に公開した米国の2000年出資報告書
ロシアでGPSや無線機、コンピュータを利用した旅行の注意事項
NSTC/NSET/NSF/DOCが公開したレポート「人間の能力を成長させるための技術」
1950年代のNATO
1960年代のNATO
1970年代のNATO
1980年代のNATO
警察庁が2002年11月7日に公開したインターネット治安情勢の分析
コンピュータ処理されたデータで公開できる情報の査定をレポート
コンピュータ・セキュリティの進化にともなう批判とリスク
Nielsen//NetRatingsが2002年12月20日に発表した2002年末商戦の動向
Amazon.comが2002年12月26日に発表した年末商戦結果
米国警察による1992-2000の犯罪報告
NCESが2003年3月31日に公開した、教育関連のセキュリティ・レポート
GAOが公開した米国政府が実施してきた米国国際洗脳放送局の実体経済報告書
GAOのInternet Payment Systemにおける情報セキュリティ・レポート
How Much Information? 2003
NSFが2003年12月17日に発信したリリース
米国政府が国際的に提供している各言語を利用した放送に関するレポート
COCA-COLA UNEXPECTED SUMMER CANのリリース
NCESの米国政府における1980年 2003年の教育経済支援のレポート
米国政府のセキュリティ・レポート「Secrecy Report Card: Quantitative Indicators of Secrecy in the Federal Government」
Sens McCain(R-AZ)とLieberman(D-CT)が提出した法案
GAOが2005年5月26日に公開した、78ページのサイバーセキュリティ・レポート
GAOが2005年6月6日に公開した、「USA Patriot Act」に関して追加指導レポート
「The SIPRI Yearbook 2005」の概要
GAが2005年12月14日に公開した、無人偵察機についての調査レポート
Verizonのマークを付けた豚
下院司法委員会が2006年5月25日に公開した「Internet Freedom and Nondiscrimination Act」承認リリース
2007年3月に公表された盗聴の司法省内部監査最終報告書
第8空軍指揮官ロバート・エルダー
第8空軍指揮官ロバート・エルダーの経歴とレポート
Airforce cyber commandのマーク
GAOが2007年7月11日に公開した、無人機システムについてのレポート
The Hillが2007年7月27日に公開したケビン・マーチンのQ&A
「al-Sahab」のロゴ付きビン・ラディン広告
「ANNUAL REPORT TO CONGRESS Military Power of the People's Republic of China 2007」

米国空軍とサイバー戦争
警察関連のURL
クラッカー
ハッカー
バンダル
テロリスト・ハッカー
ミッションクリティカル
マッド・サイエンティスト
アクセス制御
XS4all
偽造・変造犯罪
ファイアウォール
サイバーポン
サイファー・パンク
ジャーゴン
Jargon File
産業ハッカー
Mondo
キャプテン・クランチ
EFF
サイベリア
バック・ドア
CCC
ボディ・ガード
コンピュータ・ウイルス
インターネット警察
ネオ・ラッダイト運動
Network Monitoring Attack
Denial of Service attack
Access Key
自由の疫病
クレジットカード不正使用問題
インターネット・ビジネス専用保険
自由ヨーロッパ放送
アストラ衛星
ボイス・オブ・アメリカ
テレビ・マルチ
短波放送
ジャミング
スピル・オーバ
Manhattan Cyber Project
暴力ゲーム
ハイテク戦争
コンピュータ犯罪捜査支援プロジェクト
CESA倫理規定
ドメインジャック
GetAdmin
電子メール爆弾
Truster
Attack
情報の自由化宣言
サイバースペース免疫システム
CIAC
ウイルス/セキュリティ関連URL
Green Paper
1998年1月30日に発表されたGreen Paper
Green Paperに対するEUとECの見解
Cisco IP/TV
VCS
SVP
Norton AntiVirus
1998年6月5日に米国商務省が発表した最終案-1
1998年6月5日に米国商務省が発表した最終案-2
PE_CIH
コンテンツのタブー
サイバーナース
IANAのホワイトペーパー賛成表明
eドクター
IFWP
Strange Brew
BackOrifice
トロイの木馬
ハイテク犯罪の現状と警察の取り組み
TCSSE
NEXT FIVE MINUTES
オスロ大学ハッキング事件
Caligula
EUが1999年3月15日に発表した盗聴規制ドラフト
Social Engineering Attack
参議院本会議盗聴法可決直後の爆弾メール
Cyberspace Electronic Security Act
エンクリプション・プログラム
メディア戦争
CCIPS
米国映画芸術科学アカデミーの新規約
偽銀行サイト警報
アムステルダムの公共デジタル文化2000-1
警察の組織犯罪を告発するネットワーク
音声ドメイン
NIPCのNew Year's DDOS Advisory
被害者は加害者になる!!
NISM推進協議会
人権擁護推進審議会
ハニーネット・プロジェクト
セキュリティ・ホールの修正パッチ種痘
被害者は加害者になる!!
WISE(Web-based Inquiry Science Environment)
MI5
情報戦略
Understanding Jargon: A Short Bibliography
Global Hawk
RQ-1
Ikonos
スパイ衛星KH-11
米国のスパイ・ネットワーク
ローテク・ハイコンセプト・テロ-2
情報操作
情報操作/2001年
情報操作/2002年
情報操作/2003年-1
情報操作/2003年-2
情報操作/2004年-1
情報操作/2004年-2
情報操作/2004年-3
情報操作/2004年-4
情報操作/2004年-5
情報操作/2004年-6
情報操作/2004年-7
情報操作/2006年
情報操作/2007年
ローテク・ハイコンセプト・テロ-5
Show the Flag!
GOVNET
ANDROS
Computer Security Enhancement Act
サーバーモンキー
Understanding Jargon: A Short Bibliography-2
QuickBird
COMINT
Intelligence Supercomputer
人権擁護法案に対する共同声明
「人権擁護法案(仮称)の大綱」に対する民放連のコメント
社内産業スパイ
NATO
FBIによるKGBハッキング・ハッカーズ
key logger
DragNet
CAPPS 2
誤解を招く、単語の並べ方
FISA
情報セキュリティ監査制度
情報防衛センター
ウイルス作成罪
Towards Freedom TV
インターネット隔離
マニフェスト
ドクトリン
Anti-Virus Reward Program
Digital Cultural Institutions Project
IP放送
サイバー戦争の武器配布
洗脳放送
This World: One Day of War
乱数放送局
ドメイン・スラミング
Alhurra
Pharming
Def Tech
CIP(Customer Identification Program)
スペクトルの豚
Verizonはネットワーク豚か?
Washington Postの提言「ネット中立」
ネットワーク・アーキテクチャと価格
NSLs(National Security Letters)
CRI(Customer Respect Index)
脅し、恐怖を与え、稼ぎ出すビジネス
もつれたWeb!?
帝国のインターネット!?
タウンミーティング
毎日jp
MSN産経ニュース
ANY
あらたにす