情報通信コングロマリット-2002年


WorldCom社は2002年4月3日に、米国内でWorldComグループで6%、WorldCom社で4%の従業員約3,700人を削減することを発表し、2002年に入って株価が80%以上下落した。活動中のすべての子会社は2002年7月21日に米国連邦破産法11条/チャプター・イレブンの適用を申請しました。

>> さらに詳細な情報はこちら