シルエット

silhouette

影絵

18世紀のフランスの経済状態が最悪で、極端な節約を訴えた当時の大蔵大臣シルエットが、それまでお抱え絵師に描かせていた肖像を輪郭と特徴だけを墨で描いた影絵のような肖像画で十分だと主張して描かせたことから、影絵をシルエットと呼ぶようになりました。

>> さらに詳細な情報はこちら