森林火災情報システム

Wildfire Area Simulator


米国のロッキー地方をはじめとする、多くの森林ではキャンプ・ユーザーや自然発火による森林火災が毎年起こり、甚大な被害を起こしている。さらに火災が起こった地域の住民やキャンプ・ユーザーなどに連絡が取りづらく、また、山林火災は初期消火が被害を最小限に止める最大の方法であることから、モンタナ州ミネソタのUSDA Forest Service's Missoula Fire Sciences Laboratoryは森林火災情報システムとして、Fire Area Simulatorを開発しました。

>> さらに詳細な情報はこちら


森林火災情報サイト
森林密度と火災
Landsatによる森林火災画像
Landsat森林火災跡3D画像
Fire Area Simulator
1948年と1997年のオゾン層の比較-1
1948年と1997年のオゾン層の比較-2
2000年2月1日から5月30日までのオゾン層アニメーション
NASA JPL研究所が公開した2002年3月13日のスマトラの森林火災
1860〜2000年までの地球環境変化Summary for Policymakers
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-1
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-2
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-3
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-4
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-5
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-6
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-7
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-8
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-9
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-10
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-11
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-12
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-13
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-14
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-15
森林資源現況調査結果の概要について(速報値)
森林資源現況調査結果の概要について(速報値)資料
GAOが2003年9月15日に公開した、森林火災の管理に関するレポート
GAOが2003年11月17日に公開した「大学の実態調査報告」
Illustrirte Zeitung1856年6月21日に掲載されたコンスタンツのライン橋火災
Ecosystems and Human Well-being: Health Synthesis
「Millennium Ecosystem Assessment」の「Living Beyond Our Means」