しきい値秘密分散法

Threshold Secret Sharing Scheme


「分割させる数 : n 」と、「復元に必要な数(しきい値): k 」が異なる方式を採用した「秘密分散法」で、情報の一部が事故などで紛失し、すべての情報が揃わなくなっても復元できるようになっていて、それでいてセキュリティが確保できます。

>> さらに詳細な情報はこちら