ジョンソン雑音盗聴防止法


テキサスA&M大学電子・コンピューター工学のLaszlo B. Kish準教授が2005年9月15日に発表した、電子的な雑音を加えたり、抵抗器が自然に発生する「ジョンソン雑音(熱雑音)」を利用することによって、電流値は基本的に抵抗値の合計に反比例するという現象を利用した盗聴防止理論です。

>> さらに詳細な情報はこちら