ジニ係数

Gini coefficient

得分布格差係数

国の国民や集団の構成員の所得格差が、全体として、平均所得に対してどれだけになるかを予測するため、イタリアの統計学者コッラド・ジニ(Corrado Gini/1885 - 1965)によって1936年に考案された、富の偏在性やエネルギー消費における不平等さなどに応用される数値です。

>> さらに詳細な情報はこちら