剰余乗算における法(合成数)


整数nに対し、整数x、yの乗算x・yを、nで割ったときの余りを「x・y mod n」と書き、このような演算を「剰余乗算」といい、このときのn を「法」といいます。

>> さらに詳細な情報はこちら