新聞社内部から発信される新聞社経営情報は緊迫感がある!


針のむしろで編集長になった新Los Angeles Times編集長が着任したばかりのときに、Los Angeles Timesは親会社の株に群がる「暴利の猿(The monkey of excessive profits)」情報の動向を知らせてきました。

>> さらに詳細な情報はこちら