シャノンの理論

Shannon's theory>>shannon's low>>A Mathematical Theory of Communication


情報エントロピーとして知られ、データ圧縮による基礎理論として、情報量の冗長性を極限まで排除し、もうこれ以上圧縮できないという本質部分だけにした情報をエントロピーと呼び、米国の数学者クロード・シャノン(Claude Shannon/1916 - 2001)が1948年にBell System Technical Journalで「A Mathematical Theory of Communication(通信の数学的理論)」として発表し、世界的に注目された情報圧縮の限界を導く方程式で示した情報源符号化理論です。

>> さらに詳細な情報はこちら